【全作品読了済】「衝撃の事実」を扱ったおすすめのノンフィクション【随時更新】

今まで私が読んできた4000冊の本の中から、衝撃の事実を扱ったノンフィクションをオススメします。事実の強度があまりにも強い現実を題材にした作品をセレクトしました。是非本選びの参考にして下さい。

今まで私が読んできた4000冊の本の中から、衝撃の事実を扱ったノンフィクションをオススメします。事実の強度があまりにも強い現実を題材にした作品をセレクトしました。是非本選びの参考にして下さい。

感想記事がある本と無い本がありますが、その理由については以下の記事にまとめました。気になる方は読んでみて下さい。

目次

「衝撃の事実」を扱ったおすすめのノンフィクション

人物に焦点が当たる作品

著:藤野 眞功
¥2,699 (2024/07/07 06:09時点 | Amazon調べ)
著:スラヴォミール ラウイッツ, 原名:Rawicz,Slavomir, 翻訳:正彦, 海津
¥924 (2024/06/28 11:01時点 | Amazon調べ)
著:大崎 善生
¥634 (2024/06/28 11:02時点 | Amazon調べ)

その他

著:ローワン・ジェイコブセン, 翻訳:中里 京子
¥1,430 (2024/07/07 06:09時点 | Amazon調べ)

理系ノンフィクション

著:オリヴァー サックス, 翻訳:高見 幸郎, 翻訳:金沢 泰子
¥528 (2024/07/07 20:56時点 | Amazon調べ)
著:シルヴィア ナサー, 原名:Nasar,Sylvia, 翻訳:優, 塩川
¥268 (2024/06/28 11:18時点 | Amazon調べ)
目次