【全作品読了済】「人間の限界」が垣間見えるおすすめのノンフィクション【随時更新】

今まで私が読んできた4000冊の本の中から、人間の限界が垣間見えるノンフィクションをオススメします。自らの努力によって、あるいは予期せぬ事態に巻き込まれて極限状況に追い込まれた人を取り上げたノンフィクションをセレクトしました。是非本選びの参考にして下さい。

今まで私が読んできた4000冊の本の中から、人間の限界が垣間見えるノンフィクションをオススメします。自らの努力によって、あるいは予期せぬ事態に巻き込まれて極限状況に追い込まれた人を取り上げたノンフィクションをセレクトしました。是非本選びの参考にして下さい。

感想記事がある本と無い本がありますが、その理由については以下の記事にまとめました。気になる方は読んでみて下さい。

目次

 「人間の限界」が垣間見えるおすすめのノンフィクション

挑戦・チャレンジ

著:スラヴォミール ラウイッツ, 原名:Rawicz,Slavomir, 翻訳:正彦, 海津
¥924 (2024/06/28 11:01時点 | Amazon調べ)

その他

著:藤野 眞功
¥2,699 (2024/07/07 06:09時点 | Amazon調べ)
著:オリヴァー サックス, 翻訳:高見 幸郎, 翻訳:金沢 泰子
¥528 (2024/07/07 20:56時点 | Amazon調べ)
目次