【全作品読了済】戦争を扱ったおすすめ本(小説・ノンフィクション)【随時更新】

今まで私が読んできた4000冊の本の中から、戦争を扱った本をオススメします。古代から現代に至るまで、「闘う者の葛藤」をリアルに切り取った作品をセレクトしました。是非本選びの参考にして下さい。

今まで私が読んできた4000冊の本の中から、戦争を扱った本をオススメします。古代から現代に至るまで、「闘う者の葛藤」をリアルに切り取った作品をセレクトしました。是非本選びの参考にして下さい。

感想記事がある本と無い本がありますが、その理由については以下の記事にまとめました。気になる方は読んでみて下さい。

目次

戦争を扱ったおすすめ小説

あ行の作家

逢坂冬馬

か行の作家

古処誠二

著:誠二, 古処
¥58 (2024/06/26 13:27時点 | Amazon調べ)

さ行の作家

酒見賢一

著:酒見賢一
¥916 (2024/06/28 10:32時点 | Amazon調べ)

た行の作家

高野和明

KADOKAWA
¥30 (2024/06/26 11:13時点 | Amazon調べ)

高橋克彦

高村薫

著:薫, 高村
¥880 (2024/07/17 12:44時点 | Amazon調べ)

は行の作家

百田尚樹

楽天ブックス
¥1,078 (2024/07/11 20:02時点 | 楽天市場調べ)

福井晴敏

著:福井晴敏
¥256 (2024/07/11 20:02時点 | Amazon調べ)
著:福井晴敏
¥382 (2024/07/11 20:02時点 | Amazon調べ)

ま行の作家

松岡圭祐

村上龍

著:村上 龍
¥796 (2024/07/17 12:45時点 | Amazon調べ)

や行の作家

柳広司

著:柳 広司
¥734 (2024/07/17 12:45時点 | Amazon調べ)

戦争を扱ったおすすめノンフィクション

目次