【全作品読了済】将棋・チェスを扱ったおすすめ本(小説・ノンフィクション)【随時更新】

今まで私が読んできた4000冊の本の中から、将棋・チェスを扱った本をオススメします。単なるボードゲームの域を超えた思考・思索が展開される勝負の世界を描く作品をセレクトしました。是非本選びの参考にして下さい。

今まで私が読んできた4000冊の本の中から、将棋・チェスを扱った本をオススメします。単なるボードゲームの域を超えた思考・思索が展開される勝負の世界を描く作品をセレクトしました。是非本選びの参考にして下さい。

感想記事がある本と無い本がありますが、その理由については以下の記事にまとめました。気になる方は読んでみて下さい。

目次

将棋・チェスを扱ったおすすめ小説

将棋

柚月裕子

著:柚月裕子
¥755 (2024/07/03 19:04時点 | Amazon調べ)

チェス

小川洋子

著:小川 洋子
¥652 (2024/07/05 08:01時点 | Amazon調べ)

将棋・チェスを扱ったおすすめノンフィクション

将棋

著:大崎 善生
¥634 (2024/06/28 11:02時点 | Amazon調べ)
著:大崎善生
¥770 (2024/07/05 11:07時点 | Amazon調べ)

チェス

目次